単色の刺青をレーザーで除去

はじめに...

レーザー治療を開始しました

一言でレーザーと言っても、その種類や強度は様々で、そこは医者の判断によるものだと聞きました。 ただこの時も、担当の先生がこのレーザーを使って、このくらいの強度でやるという説明をちゃんとしてくれました。

幸い私の入れた刺青は深いところまで色素が入っている箇所は少なく、回数も少なく済むだろうという判断でした。

まず一回目の治療です。あまり痛みは無いはずとのことで麻酔なしで照射してもらいました。 確かに痛みはほぼ感じず拍子抜けする程でした。患部は少し白くなって、突っ張るような感じが ありましたが痛みはほとんどなかったです。その後赤く腫れましたが、10日ほど経つと落ち着きました。 色は、少し薄くなったように感じました。

その後1ヶ月程の期間をあけて二回目です。初回よりもレーザーの強度を少し上げてやりました。 前回よりも少し痛みがありました。治療後の経過は一回目とあまり変わらずです。

その後も期間をあけつつ数回繰り返すうちに、薄い箇所はだんだん目立たなくなりました。 妻にも見せていましたが、自分が感じるのとはたから見るのでは違うことも知りました。 私が思うより第三者が見た時のほうが気にならないようでした。 後悔の念がある分、目立つという思いが強いのかもしれません。

先生と相談しながらその後もレーザー治療を続けました。最初に聞いていたのが、 レーザーは除去とは言え完全に元どおりの皮膚に戻すための治療ではなく、 薄くして目立たなくするものだということでした。そのことを理解していたので、 焦らずじっくり時間をかけて取り組むことができました。最初に「綺麗に消えて無くなります」 と言ったうたい文句を信じた方はトラブルになり易いということも先生は教えてくれていたので、 変な思い込みもなく、安心して治療できたと思います。

今ではほとんど目立たない程になりました。刺青があった部分を出していても、 こちらから言わないと気付かない程度の見た目です。やって良かったと思っています。

しかし、刺青は入れ方や色、深さなどそれぞれ違うものです。個々に合った除去法は違うので、 安易に治療法を決めることなく、病院に行ってしっかり話をすることをお勧めします。 私にはレーザー治療は合っていたようですが、それがそのまま他の人に当てはまるとは限らないということです。


刺青レーザー除去治療
レーザー機器